腎臓機能を正常に戻す!なた豆茶の種類と選び方

これからなた豆茶を飲んでみようかな?と思っている人はどんななた豆茶があってどれを購入すれば良いのかわからないものです。なた豆茶と言ってもピンからキリまでありますし、たまに粗悪な商品も出回っています。

 

健康意識の高い人はここにはこだわる!というポイントがいくつかあります。

 

予算、飲みやすさなど、ご自分に合ったなた豆茶を吟味して自分にピッタリのなた豆茶と是非巡り合って下さいね。

 

なた豆茶を選ぶポイントはこれ!

なた豆茶を選ぶ時、いくつかのポイントがあります。ここをチェックすれば失敗しないと思うポイントをご紹介します。

 

・原材料の産地が国産なのか他国なのか?
・製造しているのは日本か他国か?
・赤なた豆か白なた豆か?
・原材料にブレンドしているものは何か?
・一般的な価格はどのくらいか?

 

原材料の産地が国産なのか他国なのか?

なた豆の日本地図

原材料が100%日本で生産されたものと他国、例えば中国やインド、東南アジアで生産される原材料もあります。
農薬を気にされる方や自然志向の方は100%国産を選ぶと間違いないでしょう。

 

製造しているのは日本か他国か?

なた豆茶

製造しているのはほとんど日本ですが、たまに中国産があります。中国で製造されているのはチョット・・・と思われる方は日本の工場で作られたなた豆茶を選ぶと良いでしょう。

 

赤なた豆か白なた豆か?

赤白なた豆茶

赤なた豆と白なた豆はなた豆の毒性による判断です。白なた豆には毒性があります。毒が強いと副作用のような体に合わないと言った症状が出ると言われていますが、製造過程で毒は排除しています。
しかし、それでも気になる方は赤なた豆を主体としたなた豆茶を選ぶと良いです。

 

原材料にブレンドしているものは何か?

なた豆茶ブレンド

原材料にブレンドされているものに苦味が出るものがあります。特にハブ茶、どくだみ茶などは苦味が出てしまい、麦茶やハトムギ茶で飲みやすい味にしています。
苦味が嫌だという方は、飲みやすい原料のなた豆茶を選ぶと良いです。

 

一般的な価格はどのくらいか?

財布金額

価格は平均3,000円前後です。あまり安すぎると、原材料が中国製、生産工場が中国製、という可能性が高いです。なた豆茶は緑茶と違って少々お高めです。