ひどいむくみで顔が一回り大きくなって悩んでいました

 

驚き!なたまめ茶でスッキリすることができました!

 

30代を過ぎてから手足のむくみが気になるようになり、ひどいときは靴が入らないくらい足がぱんぱんになることもありました。
最初は手足だけだったのですが、顔もむくむようになり、顔が大きく見えるようになりました。

 

水分の摂り過ぎかなと思い、水分はなるべく控えるようにしていたのですが、それでも治まらなかったので、何か対処しなければいけないのではないかと思うようになりました。

 

そして、リンパマッサージをしたり、きゅうりなど改善に効果的な食べ物を食べたりといろいろと試してみたのですが、あまり効果はありませんでした。

 

 

何か改善方法がないか探していたときに、友人がなたまめ茶はむくみの解消に効果があるということを教えてくれました。

 

それからなたまめ茶のことを調べてみると、なたまめは腎臓の働きをサポートするウレアーゼという成分を含んでいるので、なたまめ茶を飲むと腎臓の働きが良くなり、余分な水分が排出されやすくなるということが分りました。

 

お茶を飲むだけで解消できるならと思い、美味しく飲むことができそうなすこやか笑顔の爽風茶を購入し、飲み始めました。
お茶を飲み始めて2週間くらい経った頃からだんだん症状が改善され、スッキリを実感することができました。


 

酷いむくみは肝臓から?

むくみの原因って肝臓?肝臓の機能が低下すると浮腫むのでしょうか?

 

むくみは肝臓だけが原因とは言い切れません。むくみというのは血液循環に大きく関係しており、血液を循環させるのは心臓だからです。

 

心臓の働きが弱まると心不全といった恐ろしい病気になってしまうこともあります。

 

じゃぁ、むくみの原因ってなんなの?

 

体内を血液が循環していて心臓から流れた血液が体を一周してまた心臓へ帰ってくることで私たちは日常、普通に生活を送れています。
心臓へ血液が戻れないという事態が起きる場合、むくみが起きてしまいます。

 

血液が戻れないという事態は、腎機能が正常に働かなくなっときに起こります。
毛細血管に圧力がかかり、血管中の水分が体の外に出ようとします。
その時に見られる症状が「浮腫(むくみ)」と呼ばれるもので、血管が詰まる状態でむくみを発症させます。

 

体内から水分が出ようとした時、むくみやすい部分が

 

1.足
2.手
3.顔

 

となります。

 

血管中のタンパク質濃度の低下は毛細血管に水分やタンパク質を通しやすくなり、血管の中の水分が外に出ようとするため浮腫んでしまいます。
時々浮腫むけど時間が経てはもとに戻るのなら心配はいりませんが、頻繁に浮腫んで翌日も戻っていないようなら、早めに診察をしてもらうようにして下さいね。